「IE 7」に、またも脆弱性見つかる

Microsoft (NASDAQ:MSFT) が正式版をリリースしたばかりの Web ブラウザ「Internet Explorer 7」(IE 7) に、また新たな脆弱性が見つかった。セキュリティの専門家は、このバグを利用して「なりすまし」攻撃が可能だと警告しているが、Microsoft は大きな問題と見なしていない。

セキュリティ対策会社 Secunia が25日に公開した情報によると、このバグを悪用することで IE 7 のユーザーを騙し、合法的なサイトに見せかけた Web サイトに誘導できるという。具体的には、攻撃者のサイトの URL に特殊文字と正規のアドレスを付け足し、実際には攻撃者のサイトにアクセスしているにもかかわらず、アドレスバーの見た目上は正規サイトにアクセスしているかのようなポップアップを表示できる。これは「なりすまし」と呼ばれる手口だ。アドレスバーを一瞥しただけで納得してしまうと、フィッシング詐欺の犠牲者になりかねない。

参照元: Japan.internet.com

アドウェイズ(ADWAYS);ドコモエンジニアリングとケータイ向けEC運営で提携

アドウェイズ(ADWAYS)は10月25日、ドコモエンジニアリングと業務提携したと発表した。両社は、携帯電話サイトにおけるアフィリエイト広告とショッピングサイト運営のサービスを一体化して相乗効果を見込む。


アドウェイズ(ADWAYS);ドコモエンジニアリングとケータイ向けEC運営で提携の続きを読む

サイバーエージェント MicroAdエリアを開始

サイバーエージェントは25日、広告配信ネットワーク「MicroAd」において、Blog や SNS を利用するユーザーのアクセス元を判別して、地域ごとに広告配信できるサービス「MicroAd エリア」を開始した。

「MicroAd エリア」は、Blog や SNS にユーザーが接触した際、そのアクセス元となる地域を県単位で判別し広告を配信できるサービス。地域情報の他、ユーザーが使用するネット回線種類、オフィス・家庭・学校などアクセス元となる場所を判別して広告を配信することも可能。

首都圏からアクセスする Blog ユーザーに商品を訴求したり、光ファイバー回線を利用するユーザーに限定したキャンペーンを展開するなど、地域やアクセス環境などの側面からのターゲティングが可能になるという。

参照元: Japan.internet.com

YouTube 3万ファイル削除

日本音楽著作権協会やNHKなど、日本の著作権管理団体や放送事業者など23の著作権関係権利者の団体・事業者は10月20日、米国の動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)に掲載されている、日本の権利者に無断で投稿され著作権を侵害しているテレビ番組をはじめとする動画ファイルに対して、削除を要請した結果、計2万9549本が削除されたと発表した。内訳はテレビ番組が1万4706、映画やアニメなどが9328、音楽のプロモーションビデオなどが5515だったという。

YouTube (ユーチューブ)、3万ファイル削除の続きを読む

Google「Google Custom Search Engine」

Googleは23日、カスタマイズした検索エンジンを自分のWebサイトなどで利用できる「Google Custom Search Engine」を公開した。

Google「Google Custom Search Engine」の続きを読む

リンクシェア「レビューアフィリエイト」を開始

リンクシェア・ジャパンは、ブログ上に商品紹介記事を書けば、アフィリエイト収入に上乗せして報酬がもらえる新たなアフィリエイト「レビュー・アフィリエイト」を10月23日に始める。

対象商品の体験談や評価などをブログに執筆すると、従来のアフィリエイトの成果報酬とは別に、一定の記事執筆掲載料が貰えるようになる。しかし、リンクシェアがチェックし、内容の乏しいものや不正確・不適切なものと判断された記事は承認されない。執筆が得意・自信があるのならば、さらなるアフィリエイト収入の増加が可能だ。

リンクシェア・ジャパンは、優良なブログアフィリエイターのモチベーションの維持につながるほか、短期間で効果的なプロモーションが可能になるとしている。

関連リンク: リンクシェア

リンク集登録時の注意点

数多くのリンク集に登録したくなるのが普通ですが、間違った知識のままでは時間の無駄になってしまいます。

まず注意したいのがリンク元がインデックスされているかどうか。(インデックスされるとは、検索エンジン(Googleなど)のデータベースに登録され、検索されるようになること)

インデックスされていないリンク集に自サイト(SEO対象ページ←多くの場合TOPページのはず)がインデックスされてもSEO的には無意味です。

続きを読む「リンク集登録時の注意点」

文中のキーワード

SEO対策の基本として、「狙いのキーワード」が重要となることはご存知だと思います。

タイトルに関してもキーワードを上手く使う必要があるのですが、文中でも効果的に使う必要があります。

続きを読む「文中のキーワード」

中小検索エンジンの登録方法

中小検索エンジンに登録するときの注意点は、自サイトの内容と一致しているサイトを選ぶ(これは基本ですね)。次に登録するサイトがGoogleYahooに重要なサイトとして認められているか。

具体的にいうと、Googleなどで、内容の一致しているサイトを検索します。例えばサッカーのサイトであれば、サッカーのカテゴリで上位表示されてるものを検索します。

続きを読む「中小検索エンジンの登録方法」

検索エンジンに好かれるサイト作り

現在の検索エンジンのほとんどは、インターネット上のリンク構造を利用して、高い支持を集めているサイトに高い評価を与えます。

これは世界中のネット利用者に「いいサイトはどこ?」と訪ねた結果に近いものを機械的に抽出しようとする試みであり、とても優れた評価方法だと思います。

このように、検索エンジンに評価されるサイトの条件は「コンテンツの充実度」と「人気」となるのですが、これらはいずれも一朝一夕に作り上げられたり得られたりするものではありません。

豊富なテキストベースのコンテンツをきちんと整理して提供することで、訪問者や他のネット利用者たちの評価を高めることができ、それに応じて検索エンジンの評価も高まっていくのです。

SEOの真の目的

SEOの最終目標は「検索エンジン攻略」ではありません。(個人的意見です)

検索エンジンの目的は「ユーザーの目的にマッチした良いサイトを検索結果の上位にリストする」ことだと思います。

これをより正確に行うために、検索エンジンのアルゴリズムは日々進化を遂げています。

このように「良いサイト」が検索結果リストの上位に表示されるように、という方向性を持って検索エンジンが進化し続ける限り、SEOの真の目的は「人間にとっても検索エンジンにとっても共に良いサイト」を構築すること、となります。

GoogleがYouTubeを買収

Googleは現地時間9日、YouTubeを16億5,000万ドル(1980億円)相当で買収することで合意したと発表した。(株式交換によって行われる)

YouTubeは買収されたあとも、独立したブランドを保持。

Googleは、YouTubeに対して広告などさまざまな技術を投入するとしている。


関連記事

SEO対策〜ちょっとした工夫

アメリカでは、検索エンジンへの入力ミスを狙った攻撃サイトが増えている。よく使われる検索キーワードの一字違いで検索すると、攻撃サイトが上位に表示されるようにSEOを施している。

セキュリティ・ホールが存在する環境でこれらのサイトへアクセスすると、知らないうちにスパイウエアをインストールされてしまう。あるキーワードによる検索結果の上位10サイトのすべてに、何らかの悪質なプログラムが仕込まれていたという。

タイプミスによって入力される文字列の候補は無数にありますが、間違いやすいものはある程度限定される(例えば,「c」の代わりに「x」)。攻撃者はそういった文字列を事前に調べてSEOを施しておく。タイプミスによって入力される文字列は意味のある単語になっていないケースが多く、上位に表示されるようにするのは比較的容易でしょう。

これらは、悪質なプログラムを仕込みインストールさせることを目的としているが、正当なSEOにおいても、検索時に起こるタイプミスや変換ミスをあらかじめ先読みし、工夫することは有効な手段であると思う。

SEO対策〜ちょっとした工夫の続きを読む

アンカーテキストの効果的な貼り方

アンカーテキストとは、あるリンクを貼る際に、そのリンクに使う文字のことです。

クローラーは、「優秀なサイトほど他のサイトから多くリンクが貼られているはず」と認識しています。

ブログでは、コメントやトラックバック機能を使えば被リンク数を増やすことができます。

このときに注意したいのは、「アンカーテキスト」です。

続きを読む「アンカーテキストの効果的な貼り方」

Google Analytics

WEBサイトにSEO対策をされている人の多くが、「アクセスログ解析」を導入されているかと思います。

知っている人も多いと思いますが、Googleが提供している「Google Analytics」という解析ツールがあります。

自分も使っていますが、にわか知識では対応しきれない位の高機能を無料で利用可能で、Googleの凄さを改めて感じる様なツールです。ぜひお試しあれ。

参考URL: http://www.google.com/analytics/ja-JP/

ブログ-AdSense攻略

AdSenseで稼ぐのにまず考えることは、キーワード選びです。(参照:SEO対策「キーワードの見つけ方」

見つけたキーワードをキーワードアドバイスツールにかけてみます。

3,000〜5,000回程度の検索数があれば、ページを作っちゃいましょう。

AdSenseで稼ぐにはそれくらいの勢いが大事だと思います。

続きを読む「ブログ-AdSense攻略」

アンカーテキストとは?

SEOを普段から意識している人にとっては常識なのですが、意外とアンカーテキストという言葉を聞いたことがない人も多いのではないでしょうか?

アンカーテキストとは、
「<A href="リンク先のURL">この部分がアンカーテキスト</a>」です。

このアンカーテキストが検索結果に大きな影響を及ぼします。

続きを読む「アンカーテキストとは?」

ページランク対策

下記の手順はあくまでもページランクを上げることだけを考えた場合の方法です。

「ページランク対策」の続きを読む

SEO対策〜リンクを貼る外部サイトのテーマについて

ページランクの他にも外部要因の評価を決める部分があるといいましたが、そもそも外部リンクを貼ってもらっているサイトについて考えてみた事はありますか?

「SEO対策〜リンクを貼る外部サイトのテーマについて」の続きを読む
タグ:SEO 被リンク

SEO対策〜外部リンクについて

外部のサイトから自分のサイトにリンクを張って貰う事によって検索エンジンからの評価を高めます。(=SEO対策)

しかし外部からリンクを張って貰えば効果があるなら、とにかく無料リンク集や相互リンクをしまくって行けば検索結果が上位に表示されかというと、そんなに簡単ではないのが、SEO対策の難しいところです。

SEOを意識したリンクの張り方で重要なことは、

「SEO対策〜外部リンクについて」の続きを読む

Googleが「Google Blog Search」のためのPingサービスを開始

Googleは、ブログ検索サービス「Google Blog Search」のためのPingサービスを開始したと発表した。

             「Googleが「Google Blog Search」のためのPingサービスを開始」の続きを読む
タグ:google ping

SEO対策「キーワードの見つけ方」

自分流の「SEOを意識したキーワードの見つけ方」は、難しく考えずに、自分の知らない言葉を見つけた時、それがキーワードになります!

自分が知らない言葉なら、他の誰かも知らないかもしれません。

なんか言葉は聞いたことあるけど、その意味はよく分かんない、みたいな。

今は知らない言葉を、インターネットで検索する時代です。

キーワードは自分の知らない言葉をヒントに


後はキーワードを見出すツール(有料無料色々ある)を使ってページを最適化すれば、上位に持っていけそうです。(なるべく複合キーワードで)

SEO対策って難しく考えてしまうけど、キーワード選びとサイトボリューム、サイトの更新頻度などの基本的なことをしっかりやれば、上位表示はそんなに難しいことではないと思いますよ。(あくまでも個人的な意見です)

Google か Yahoo! か・・・

SEO 対策といえば Google での対策がすべての基本になりますが、日本では Yahoo!の検索エンジン利用のシェアが64.5%(2005年ネットレイティングス社調べ)あり、Yahoo!対策は無視出来なくなってきている。

むしろ利用シェアを考えると今後はYahoo!対策に力を入れるべきなのかもしれない。

自分としては、よいSEO =よいサイト構築、つまり、「伝えたい情報をしっかり伝え、伝えたい情報にユーザーが容易にたどり着けるようにし、新しい情報をどんどん更新するサイト」であるという考えは変わらないのでGoogle対策/Yahoo!対策どちらに照準を合わせるべきかは、今後の状況次第で臨機応変に対処していきたい。
タグ:SEO google yahoo

Google AdSenseで儲けるために

Google AdSenseで儲けよう」関係書籍のほとんどに目を通したのですが、ほとんどがクリック単価の高いキーワードが狙い目と書いてありました。

「Google AdSenseで儲けるために」の続きを読む

理想的なSEOとは?

個人サイト運営者であれば小遣い稼ぎをするために情報を提供して多くのユーザーに満足してもらうことなど、これらはGoogleなどで上位に表示されることが目的ではなく、究極的な目的は、その後における検索エンジンを利用するユーザーのアクションを求めてのことではないでしょうか?

つまり、検索エンジンロボットのプログラムに好かれるようにどんなに工夫を施しても、検索エンジンを利用して訪問してきたユーザーに嫌われるようなサイトであれば、検索エンジン経由でのアクセス数がどんなに増えようとも、究極的な目的であるユーザーのアクションは期待できないということになります。

現在多くの制作者が注目・必要としている SEO を検索エンジンのロボットと検索エンジンを利用するユーザーの両方に好かれるようにサイトをカスタマイズすることが理想的なSEOだと思います。
タグ:SEO

SEO対策とコンテンツの充実どちらを優先するべき?

「どんなに素晴らしい、面白いブログを書いたり、書く才能があってもSEO対策をしなくては全く意味が無いのか?SEO対策って、本当に難しいんですよね。」と知人に質問されました。

「SEO対策とコンテンツの充実どちらを優先するべき?」の続きを読む
タグ:SEO

スマートプライシング機能

Googleは昨年の11月に、検索や検索ネットワークに掲載する広告とコンテンツ ネットワークに掲載する広告とで異なる単価を設定できるようになりました。

このことで、検索結果を表示させる画面の右側や下に出る広告と、AdSenseアカウントを所有しているサイトに表示される広告のクリック単価を変えられるようになり、さらに「スマートプライシング」という自動的に入札価格が調整され、ROI(リターンオンインベストメント)投資収益率を管理できる機能を追加しました。

スマートプライシング導入以前は、クリックが販売に繋がるかどうかには関係なしに広告主は広告がクリックされるたびに金額を支払っていたため、一部の広告主は多くのクリック数を得て大金を支払ったのに売り上げが上がらないという、投資対効果がとても低い状況になってしまいました。

「スマートプライシング機能」の続きを読む

SEOとGoogleのページランクアップ

Googleは「ページランク」という評価方法を利用しています。

その構造は単純では無いのですが基本は、多くの質の高いページからリンクされていれば、ページランクが高くなる。

そして相互に遜環する様々な要素によってページランクが決定されている。

「SEOとGoogleのページランクアップ」の続きを読む

SEO対策とGoogle AdSenseの関係

SEO対策(検索エンジン最適化)を行うことによって得られるメリットは、上位表示され沢山のアクセスが集まるといった理由だけではないようです。

実はSEOを行い上位表示されることによって、Google AdSenseのクリック単価が高くなるようです。(詳しい理由は謎の部分が多いため、今勉強中です。)

とりあえず今後は、SEOGoogle AdSenseについて様々な角度から調べ、アフィリエイト収入が増えるように努力しようと思います。
タグ:SEO AdSense

SEO観点から見たYSTとGoogleの違い

日本でもっともよく使われている検索エンジンがYST(Yahoo!JAPAN)です。

次いでGoogleMSN

海外ではGoogleの利用者のほうが多いようです。

・YSTの特徴

YSTはGoogleよりもサイトの関連性を強く評価します。
(自サイトのテーマと関連性のないリンクはほとんど影響を及ぼさないといってもよいかもしれません)

そして関連性のないサイト間の相互リンクは、今後リンクファームとなる可能性があるようです。(今のところは、問題ないみたいです)

「SEO観点から見たYSTとGoogleの違い」の続きを読む


↑TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。